ニュージーランドから来日した谷口宝石のジュエリー職人、ティム・フィリップは「型」を使わない昔ながらの伝統製法「鍛造製法」でジュエリーを製作しています。そのため広島・本通商店街の谷口宝石の前にはいつもカン、カン、カンと金属を叩いて鍛える音が響いております。鍛造製法は職人の技術が問われる難しい技法です。叩いて鍛えられることで金属は引き締まって密度が高くなり、しっかりとした質感のジュエリーとなります。
今回はティムがお客さからオーダーメイドでご発注頂いた日本の工芸品「金盃」をつくる工程をご紹介します。

最高のダイヤモンドルース を使って最高に贅沢な、あなただけのジュエリーを作りませんか?

ニュージーランドから来日した専属ジュエリー職人、ティム・フィリップが「こんなダイヤモンドジュエリーが欲しい」というあなたの想いをカタチにします。

谷口宝石ではジュエリーは全て、金属を叩いて鍛える昔ながらの「鍛造製法」で製作いたします。叩くことにより金属の密度が高まり、頑丈でしっかりとした質感の美しいジュエリーが生まれます。金属を叩いて鍛えるという工程から、鍛造製法のジュエリーはシンプルなものが多いのが特徴ですが、当店のジュエリー職人・ティムは非常に繊細なデザインのジュエリーを得意としております。

お客様のご希望の大きさ、品質のダイヤモンドルースをご用意 いたします。「こんなダイヤモンドジュエリーを作りたい」というご希望がございましたら、お気軽に谷口宝石までご相談ください。

ダイヤモンドジュエリー作品例

谷口宝石.jpg
Copyright©2019 株式会社谷口宝石 All Rights Reserved.

広島市中区本通4-12

OPEN 9:30~18:30

​定休日:年末年始

TEL 082-249-1223