top of page

アフリカ産のピンク~ピンクダイヤに国境はない!~|社長コラム④


みなさまからのお問い合わせの多いピンクダイヤ。0.1ctでビッグサイズと言われるピンクダイヤですが、価格が落ち着く気配はなく年々高騰しています。そんなピンクダイヤを適正価格でお客様に提供するために、探し続ける毎日を過ごす…社長の谷口です😊



アフリカ産はきれいな色が多い

ピンクダイヤと言えば、先日、アフリカ南西部のアンゴラで史上最大級のピンクダイヤ「ルロ・ローズ」が発見されましたね!170ctという事ですが、大きいですね…。

私も最近注目しているのは、世界の産出量の1%強と言われている、アフリカ産のピンクダイヤなんですよ。

アフリカ産の特徴としては、明るい綺麗なピンクが多いということ。小さいサイズだと、淡すぎる色のものもありますが、淡くてもクリアで美しい色が多いです。資産性からみても、大変魅力的ですよ。


産出量の95%を占めていたオーストラリアのアーガイル鉱山が閉山してしまった今、南アフリカやロシア、ブラジルなどで産出されていますが、それぞれの産出国によって色や特徴が違うんですよ。


大粒の少ないアーガイル産

ブラジルは淡い色のものが多く、ロシアはパープル味が強く、グレイがかっています。一番人気はやはり、オーストラリアのアーガイル鉱山の物ですね。アーガイル産は「アーガイルピンク」と言われる赤味の強い色が美しいとされています。産出量の90%以上が0.2ct未満ですので、大粒の物はほぼ見かける事はありません。アーガイル産と言えば、小さくてもピンク色がはっきりとしている、内包物が多めな事も特徴です。



入荷したら自らチェック。良い物だけをお客様に…

このように、ピンクダイヤには産出国によってそれぞれ特徴があり、「その希少性や美しさには国境はない!」と私は思っています。


当店では金地金を買われるお客様が、ピンクダイヤを第2の資産にと求められるケースが圧倒的に多いです。今後は金地金とともに、希少性の高い宝石はますます注目を集めると思います。

先日、私のコラム「ざわめく中国」でもお知らせしましたが、中国ではロックダウンで締めつけられた反動で、今、ピンクダイヤなどの宝飾品の売り上げが急上昇しているそうです。