不要なジュエリーは今年の内に断捨離

最終更新: 2019年12月20日



一年の終わりが見えてくると、家の大掃除や不要品の片づけはもちろん、色々な悩みごとや心残りなども年内の間に整理しなければ、という気持ちになるものです。


断捨離という言葉をよく聞くようになりましたが、この言葉が流行り始めたのはここ10年ほど。2010年に新語・流行語大賞にノミネートされ、巷に広く認知されたのがきっかけのようです。

仏教用語だと思っていらっしゃる方も多いですが、実はヨガの考え方から来た言葉だとか。


断:入ってくる要らないものを絶つ

捨:家にずっとある要らないものを捨てる

離:物への執着から離れる


物を大切にする「勿体ない」という日本人の美徳ともいえる固定概念から、心を解放する考え方でもあるようです。

年の瀬が近づくにつれ「ジュエリーも断捨離を」と、谷口宝石には使わないジュエリーや貴金属をまとめて持ち込まれるお客様が増えています。

今年は金の価格が高騰した一年。昨年末に比べて、かなりの高値で買取をさせて頂いております。金が高値の今のうちに、ぜひジュエリーの断捨離をご検討ください。


ご自分のジュエリーをお持ちになる方も多いですが、年内の内にと、亡くなられたご家族が残されたジュエリーや貴金属をまとめて持ち込まれるお客様も多くご来店されています。

谷口宝石ではお集めになったジュエリーコレクションの買取や、ご遺品の大量査定・買取も行っております。

「沢山あるんですけど...」と申し訳なさそうに仰るお客様も多いのですが、どうぞご遠慮なくお持ちくださいませ。


点数が多い場合は、査定にすこしお時間を頂くこともありますが、宝石のプロが心を込めて丁寧に査定させていただきます。


谷口宝石のジュエリーの買取の強みは、宝石店のプロがしっかりと鑑定して買取をすることに加えて、ジュエリーの修理やリフォームもできることです。


実は形見のお品やご自分のコレクションのご売却に来られて、一つだけダイヤモンドやカラーストーンを残し、普段使いしやすいシンプルなペンダントや指輪にリフォームされる方が多くいらっしゃいます。


想い出のジュエリーやご家族の形見を処分することは、心の整理も必要です。

完全な断捨離にはなりませんが、お守りのような気持ちで、何か一つだけを毎日身に着けられるジュエリーにリフォームして使われることは、とても素敵なことだと思います。


2019年最後の一カ月。

ご不要なジュエリーを全て処分されるも良し、想い出のものを何かひとつ使いやすくリフォームして残されるのも良し、お気軽に谷口宝石にご相談くださいませ。

◆買取についてのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/kaitori

◆谷口宝石|リフォームについてのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


◆谷口宝石|お電話でのご相談はこちらまで

TEL:082-249-1223

96回の閲覧
谷口宝石.jpg
Copyright©2019 株式会社谷口宝石 All Rights Reserved.

広島市中区本通4-12

OPEN 9:30~18:30

​定休日:年末年始

TEL 082-249-1223