top of page

喜平の留め金が緩んできたら|喜平のお手入れ



「喜平の留め金が壊れたのですが、直せますか?」というご相談をよく頂きます。

喜平の留め金は構造が少し複雑です。写真のように 中折れ金具セーフティ という呼ばれる2つのパーツから成り立っています。


留めるときは【写真①:中折れ金具を留め金に引っ掛ける】→【写真②:爪の部分を留め金にパチッと嵌める】→【写真③:セーフティをシャカ玉に嵌める】と、普通のジュエリーに比べると少し手間がかかります。

そのため、金具がうまく嵌らずに何度も繰り返したり、合っていない状態で押し込んだりして 留め金がトラブルを起こすケース が少なくありません。


谷口宝石でお客様から一番多くご相談を頂くのがセーフティの緩み です。

留め外しを繰り返すことで、セーフティの①や②の部分が広がって緩み、シャカ玉にうまく嵌らなくなります。

もちろん谷口宝石にお持ちいただければ修理可能ですが、道具があれば、ご自分でも簡単に直すことができます。比較的よく起こるトラブルですので、直し方を覚えておくと「いざ」というときに役立ちますよ。


【セーフティの緩みの直し方】

1.写真のようなヤットコを用意します

2.セーフティーを 閉じた状態 にします

3.上記の写真の ①のくぼみの部分 をヤットコで挟みます。「少しずつゆっくりと締める→セーフティを外してはまり具合を確かめる→(緩ければ)再度、少しずつ締める」を丁度いい具合になるまで繰り返します。

4.もし締めすぎて固くなってしまったときは、②の部分に爪楊枝を刺して調整します。


ポイントは2つ。やっとこで締めるときは 必ずセーフティを閉じて行うこと、締めるときはゆっくり少しずつ行うこと

留め金が緩んでしまったときはぜひ、試してみてくださいね。