top of page

谷口宝石がテレビで紹介されました



広島ホームテレビさんの夕方の情報番組「みみよりライブ 5UP!」内で谷口宝石をご紹介頂きました。

谷口宝石は今年で創業50年。

ホームテレビさんもめでたく開局50周年を迎えられたとのことで、同じ「50周年」の谷口宝石を番組で取り上げてくださいました。


取材当日は夫婦漫才師のかつみ・さゆりさんとホームテレビの榮 真樹アナウンサーがご来店。元気いっぱいに店内を紹介して頂きました。


番組には当店のジュエリー職人、ティム・フィリップも登場。

普段なかなかお客様にティムの来歴をご紹介する機会がありませんが、ニュージーランドの首都・ウェリントン出身、縁あって谷口宝石に入社し、今年で勤続11年を迎えました。


首都の出身ということで、東京のような大都市の出身なのかな?と想像しますが、実はティムが育ったウェリントンは美しい海に面した自然あふれる小さな都市。

人口はたったの40万人しかいません。

北と南、二つの島で構成されたニュージーランドのほぼ中心に位置するという理由だけで首都に選ばれた稀有な街です。そのためニュージーランドの印象を聞くと「人より羊が多い」と返ってきます。

ティムは型を使わず、すべての工程を手作業で行う昔ながらの伝統製法「鍛造(たんぞう)製法」でジュエリーを制作しています。

入社以来、多くのジュエリーを手掛けてきましたが、その最新作が番組内でもご紹介いただいたゴージャスな18金のペンダントトップです。


当初、100gの金でお作りしておりましたが「もう少し重量を...」とのお客様のご希望により、金を2倍の200gに増量して作り直しました。金の地金に手彫りで西洋のおとぎ話のようなお城を彫り込み、夜空に浮かぶ月にはプラチナを、枠の部分にはルビーとダイヤモンドをちりばめた大変豪華なペンダントです。


オーダーメイドのご注文の際に、男性のお客様から「重めで」「重厚感がある感じで」とご希望を頂くことがよくあります。デザインはもちろん、着けた時の重量感やサイズ感もお客様のご希望に合わせることができることが、オーダーメイドの良さでもあります。


メンズジュエリーのような大胆で重厚感のある作品はもちろん、1cmにも満たないような小さく繊細なジュエリーもティムは得意です。ぜひ「こんなジュエリーが欲しい」というご希望があれば、ぜひご相談くださいませ。