top of page

谷口宝石社長コラム

谷口宝石社長がピンクダイヤについてわかりやすくご紹介

​世界の投資家の注目の的

ピンクダイヤモンドを資産に

じっくり値上がりを待ちたいという方には

金やプラチナが最適ですが

ワクワクする値上がりを楽しみたい方には

希少宝石をおすすめします。

中でも究極の希少宝石ピンクダイヤモンド

その希少性から今

国内外の富裕層の間で

「資産」として注目を集めている宝石です。

​資産になる宝石の第一条件は普遍性と希少性です

HP.jpg
ピンクダイヤモンド.jpg

?普遍性とは

​ほとんどの宝石は身に着けているうちに割れてしまったり傷が付いたりすることがあります。ダイヤモンドはモース硬度が(10)ですが(9)のコランダム(ルビー、サファイヤなど)と比べても14倍の差があると言われています。そのため貴方が50年前に買われたダイヤも今日買われたダイヤも同じ状態であると言えます。そうです、ダイヤモンドに中古はないのです。半永久的に美しさを保つダイヤモンドは普遍的と言えるでしょう

?希少性とは

ダイヤ、ルビー、エメラルドなど高級な宝石と言われるものは大きいサイズになる程、希少性は累乗的に高くなります。1カラットのルビーは簡単に手に入りますが、3カラットのルビーは中々ありません。これが5カラットになると殆ど見ることがありません。もちろん質にもよりますが、大きな宝石ほど希少性が高くなります。​また、一方で産出量が減ることで希少性がでるものもあります。その最もたるものがピンクダイヤモンドです

20220525_ピンクダイヤモンド02.jpg

​アーガイル鉱山の閉山で入手困難に

2020年に世界最大の産地であったオーストラリアの アーガイル鉱山が閉山したことで価格は高騰しています。しかも良質のピンクダイヤは、ほとんどがアーガイル産だと言われているのです。世界の95%を産出していた鉱山が閉山したわけですから、需給バランスを考えても異常事態と言えます。
当社にも全国から問い合わせが殺到する様な現状です。全力でピンクダイヤを探していますが、入荷してもすぐに売れてしまう状況が続いています。勿論、適正な価格でお渡しするために日夜頑張っています。

​中国の金融危機が深刻化、
ピンクダイヤの購入は今がチャンス!

近い将来、中国経済が回復するであろう事は想像できるでしょう。専門家の間では、中国の回復を2年から遅くとも3年と予想していますが、もっと早い回復を予想している関係者も数多くいます。

また、私たちが血眼になって探しているピンクダイヤも現在の円安も含め、インドや米国が買い漁っているのが現状です。中国経済が回復してくれば、ピンクダイヤの市場はさらに上がるでしょう。考えるだけでゾッとしてしまいます。

​ピンチはチャンスです。私たちはこのチャンスの手助けが出来ればと考えています。

適正価格のピンクダイヤに出会う

ピンクダイヤモンドにはダイヤモンドのように明確な価格の基準がありません。同じ物が、ある業者では100万円、また別のとある業者では1000万円と値段が付くなんて事も…。通常では考えられない価格で取引きされていたりするのです。このような状態は決して珍しい事ではないのです。そのため、どこで購入するかが大きな問題点となります。

一番大切なことは、どこで、どれだけ安く手に入れるかです。宝石に詳しい、相場に詳しい、安心して買い求められるような場所での購入をおすすめします。

ピンクダイヤHP.jpg

​小さなサイズでも資産になる

普通のダイヤモンドであれば1ctあれば憧れの象徴でした。ピンクダイヤの0.2ctはホワイトダイヤの1ctくらいの価値があるのだと考えると分かり易いと思います。ちなみに、ほんの数か月前まではピンクダイヤ0.3ctはホワイトダイヤ1ctに相当すると言われていました。そのくらい希少性が急激に高くなってきているのです。

ピンクダイヤは0.1ctと小さな石でも十分な資産となるのです。0.3ctだと希少なサイズとなるでしょう。ルースを手に入れた後は、メレダイヤで取り巻きデザインなどのジュエリーにして楽しまれても良いでしょう。楽しまれた後は資産にもなる、最高の希少宝石です。

コラム「資産とピンクダイヤ」、いかがでしたでしょうか。

私がおすすめする最高の希少宝石ピンクダイヤはこれからの時代「資産」となる宝石です。

私ども谷口宝石は、お客様それぞれのご予算にあったものをご提案いたします。入荷の時がチャンスです。ご希望の方は、お気軽に谷口宝石までご相談ください。

谷口宝石社長 谷口尚文

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Instagram
bottom of page