top of page

ピンクダイヤモンドの産地の話|アーガイル産とアフリカ産の違いとは…?


アフリカのアンゴラで 過去最大級の170カラットのピンクダイヤモンド が見つかり、話題になっています。


鉱山の名前をとって “The Lulo Rose”(ルロ・ローズ)と名づけられたこのダイヤモンド。発見したのは、オーストラリアの採掘業者 ルカパ・ダイヤモンド社です。詳しくはこちら


ピンクダイヤモンドといえば、世界最大の産地は 谷口宝石社長もおすすめ、圧倒的な人気を誇るオーストラリアのアーガイル鉱山(すでに閉山)ですが、実はアフリカでも採掘はされてます。

現在オークションで落札額 世界最高値を誇るダイヤモンド も、アフリカで発見されたピンクダイヤモンド。


デビアス社により 南アフリカで採掘 され、2017年に香港のサザビーズで落札された “The Pink Star”(ピンク・スター)。落札額は世界最高価格の7120万ドル(約83億9800万円)...!

採掘時は132.5カラットで、研磨されて59.60カラット(イチゴぐらいの大きさ)となりました。


その他にも、ハリー・ウィンストンが所有するThe Winston Pink LegacyやThe Graff Pinkなど 歴史に名を残す大粒のピンクダイヤモンドたちがアフリカで採掘 されています。


現在人気のアーガイル産は2020年の鉱山閉鎖を受けて、宝石業界もパニックレベルの品薄状態 ...。


手に入らないアーガイル産ではなく「アフリカ産のピンクダイヤモンドをください」と思われる方も多いでしょう。

アーガイル産とアフリカ産のピンクダイヤモンド、何が違うのかというと、ずばり 色の濃さです。



写真は以前に谷口宝石で販売させていただいたピンクダイヤモンド。左がアフリカ産、右がアーガイル産、色味の違い が判りますでしょうか?


南アフリカ