top of page

ピンクダイヤモンドをジュエリーに♪|希少宝石を贅沢に楽しむ


貴重なピンクダイヤモンドのルースを使って オーダーメイドジュエリーを制作 させて頂きました°˖✧


その希少性から今、国内外の富裕層の間で「資産」として注目を集めている宝石「ピンクダイヤモンド」。


2020年に世界最大の産地であったオーストラリアの アーガイル鉱山が閉山したことで価格は高騰。残り僅かなピンクダイヤモンドを世界中のバイヤーたちが取り合う状態が続いています。


谷口宝石社長も数十年、さまざまな宝石の価格の変動をチェックしてきましたが「こんなに極端な高騰は初めて」というぐらい、ここ数年、ピンクダイヤモンドは凄まじい勢いで値上がり を続けています。


谷口宝石でも今年に入り 社長が手放したくない秘密の宝石としてピンクダイヤモンドをご紹介 して以降、お問い合わせが急増。金地金の次ぐ 安全な現物資産 として、円安が続くなかで 円からの資産逃避 として、ピンクダイヤモンドを購入されるお客様が増えています。


お客様方にご希望のピンクダイヤモンドをお届けするべく、谷口宝石社社長は日々奔走しておりますが、なかなかご希望のルースが見つからず、お待たせすることも多くなっています。


そんな中、運よくご希望のピンクダイヤモンドを手にされたお客様たち。

大変高価ということもあり、ほとんどの方は金地金のように、ケースに入れて大切に保管されていらっしゃいますが、中には 素敵な楽しみ方をされているお客様も♪



資産として眺めるだけではもったいない...!と、購入されたピンクダイヤモンドをオーダーメイドジュエリーにして「ファッション」としても楽しまれています✧˖°


ピンクダイヤモンドをそれぞれ ハート型・スクエア・お花のカタチにメレダイヤで取り巻いて、華やかなオーダーメイドの指輪を制作 させていただきました。メレダイヤがかわいらしいピンクの輝きを引き立てていますね♪


宝石をメレダイヤで取り巻いたジュエリーが人気ですが、実はデザイン以外にも意味があります。モース硬度10を誇り 世界で最も硬いダイヤモンドで取り巻くことで中央の石を守る役割 を果たします。


割れやすく注意が必要なエメラルドやオパールも、メレダイヤで取り巻いたデザインのジュエリーが多いですね。