top of page
  • 谷口宝石

遺骨ダイヤモンドとは…|故人様を偲ぶ新しいカタチ


先日、実験室の中で誕生する環境にやさしいダイヤモンドー、ラボグロウンダイヤモンドについてご紹介しました。


ラボグロウンと聞くとなんだか新しい言葉のように感じますが、いわゆる合成ダイヤモンド のこと。誕生した場所が「実験室の中」というだけで 天然ダイヤモンドと全く同じ成分・構造・特質 を持っています。


合成ダイヤモンドの歴史は1950年代にアメリカではじまり、長らく切削工具や研磨剤として金属加工や建設、採掘などの工業分野で利用されてきました。私たちの生活の中でもダイヤモンドカッターをはじめ、活躍している道具がたくさんありますね。


最新の半導体分野でもその可能性は注視されており、次世代のパワー半導体として 合成ダイヤモンドを材料としたダイヤモンド半導体 の研究開発が進んでいます。


SDGsな社会に合致した環境にやさしいジュエリーとして、また技術革新の工業用材料として話題の合成ダイヤモンドですが、実は10年ほど前から、より私たちのライフスタイルや想いに寄り添った視点からも注目を集めています


亡くなった方の遺骨からダイヤモンドを合成する メモリアルダイヤモンド です。

ここ数年、メディアで紹介される機会も増え、ご存じの方も多いと思いますが、初めて聞く方は 遺骨がダイヤモンドに生まれ変わる なんて、びっくりされるかもしれませんね。


ダイヤモンドは 炭素が結晶化 したもの。化学式はCで、単一元素からなる唯一の宝石 です。


私たちの身体は約60%が水ですが、残りの40%のうち 約半分は炭素 からできています。つまり、化学的には人間の身体からダイヤモンドが合成できるということです。そのほかは窒素、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄…など。本当に不思議ですが、どこにでも存在しているありふれた成分の組み合わせで、複雑な人間の身体は成り立っているんですね。


亡くなった方の遺骨でダイヤモンドを作る ということを思いついたのは、メモリアルダイヤモンドを代表するスイスの企業・アルゴダンザ社 の創設者 リナルド・ウィリーさんです。


発想の原点は、ウィリーさんが大学生のとき。「ash(灰)から合成ダイヤモンドを作る」というロシアの科学者の記事を、遺灰から作ると勘違いしたことがはじまり だそう。


日本語で「灰」と書かれていて「遺灰」を連想する人はいませんが、実は英語の灰=ashは、複数形 ashes になると遺灰や遺骨を意味します。


実際の記事は植物の灰からダイヤモンドを合成する、という内容だったそうですが、ashesという表記のインパクトがウィリーさんに勘違いをさせたのかもしれませんね。


ウィリーさんの凄いところはそれを勘違いで終わらせず、「では、人間の遺灰からでもダイヤモンドがつくれるのか?」と興味を持ち、実際に科学者に連絡をとって、アルゴダンザ社の元となるプロジェクトをスタートさせたことです。そして当時、合成ダイヤモンドを作る技術を持っていたスイスの企業と共同で研究をし、2004年にアルゴタンザ社を創設しました。


アルゴダンザとは、スイスの古い言葉で“追悼”を意味する のだそうです。


現在では多くの会社がメモリアルダイヤモンドを扱っていますが、アルゴタンザ社と、同じくスイスに本社を置くStayforever(ステイフォーエバー)が、遺骨ダイヤモンドの礎を築いた伝統のある企業として有名です。


どちも本社はスイスですが、日本にも支社があります。先祖の霊を迎えて供養するお盆という風習をはじめ、伝統的に故人を悼み、偲ぶ傾向が海外よりも強い日本 からの依頼がとても多いそうですよ。


また近年、大都市では墓地不足がすすみ、さらに核家族化や「子供を持たない」という選択をする夫婦も増え、お墓の管理や墓じまいが社会問題となっています。

アルゴダンザ社では、遺骨ダイヤモンドを選択されたお客様のために