top of page

喜平を買う前に|造幣局の刻印は本当に信頼性の証 …?


社長のワンポイントアドバイスでもご紹介しておりますが、貴金属製品の品質証明の証とされている造幣局検定刻印(ホールマーク)についてご案内します。


貴金属製品には通常、純金・K18・pt900など、純度を示す刻印が入っています。

これは製造したメーカーが打つ刻印ですが、可能性としては「偽造」ということもあり得ます。


そこで、信頼のおける貴金属の品質証明 として重宝されているのが、造幣局検定刻印、通称ホールマーク です。貴金属の製造メーカーが持ち込んだサンプルの一部を、造幣局で溶かして貴金属の品位(純度)を検査し、合格した製品にだけにこの刻印が打たれます。


刻印はあくまで「信頼の証」であり 規則や法律で定められているものではありません ので、すべての貴金属製品には入っていません。現状では「当社の商品には造幣局の保証書がついていますよ。安心して買ってくださいね」という、製造メーカー側の消費者にむけたサービスのようなものです。


下記のような 日本の国旗と純度の組み合わせたデザイン になっていますので、興味のある方はお持ちの貴金属製品に入っているかどうか見てみてくださいね。


実店舗に行かずとも簡単に、インターネットで高額なジュエリーや貴金属製品が買える時代になりました。そのため、特にインターネットショップでは信頼の証として造幣局の刻印入り」であることを謳っているお店が増えています。

「造幣局の検定刻印が入っているなら大丈夫」と、その表記だけで品質に問題なしと信じてしまう方も多い でしょう。


ですが長年、ジュエリー・貴金属の買取を行っている谷口宝石では、過去に何度か 造幣局の刻印があるにもかかわらず本物ではない製品 を査定したことがございます。

恥ずかしながらプロの私たちでも見抜けず、買い取ってしまったこともありました。


問題は、それらの多くが 喜平のネックレスだった ということです。