• 谷口宝石

喜平を買う前に|造幣局の刻印は本当に信頼性の証 …?


社長のワンポイントアドバイスでもご紹介しておりますが、貴金属製品の品質証明の証とされている造幣局検定刻印(ホールマーク)についてご案内します。


貴金属製品には通常、純金・K18・pt900など、純度を示す刻印が入っています。

これは製造したメーカーが打つ刻印ですが、可能性としては「偽造」ということもあり得ます。


そこで、信頼のおける貴金属の品質証明 として重宝されているのが、造幣局検定刻印、通称ホールマーク です。貴金属の製造メーカーが持ち込んだサンプルの一部を、造幣局で溶かして貴金属の品位(純度)を検査し、合格した製品にだけにこの刻印が打たれます。


刻印はあくまで「信頼の証」であり 規則や法律で定められているものではありません ので、すべての貴金属製品には入っていません。現状では「当社の商品には造幣局の保証書がついていますよ。安心して買ってくださいね」という、製造メーカー側の消費者にむけたサービスのようなものです。


下記のような 日本の国旗と純度の組み合わせたデザイン になっていますので、興味のある方はお持ちの貴金属製品に入っているかどうか見てみてくださいね。


実店舗に行かずとも簡単に、インターネットで高額なジュエリーや貴金属製品が買える時代になりました。そのため、特にインターネットショップでは信頼の証として造幣局の刻印入り」であることを謳っているお店が増えています。

「造幣局の検定刻印が入っているなら大丈夫」と、その表記だけで品質に問題なしと信じてしまう方も多い でしょう。


ですが長年、ジュエリー・貴金属の買取を行っている谷口宝石では、過去に何度か 造幣局の刻印があるにもかかわらず本物ではない製品 を査定したことがございます。

恥ずかしながらプロの私たちでも見抜けず、買い取ってしまったこともありました。


問題は、それらの多くが 喜平のネックレスだった ということです。


例えば、指輪の場合は内側に、小判や金杯などの貴金属工芸品なら商品の裏や下の方など、製品本体に刻印 されています。


ですがネックレスの場合、刻印が打たれているのは本体ではなく留め金の部分。谷口宝石で買い取ってしまった偽物はすべて 留め金は本物・チェーン本体は偽物 でした。


造幣局で留め金に刻印を貰った後に、チェーンだけ偽物に交換するという手法です。恐らく売却に来られたお客様も「本物だ」と信じて使われていたのでしょう。


この道50年ー、谷口宝石社長ぐらい経験を積みますと、手に持ってみれば偽物が本物かわかるのですが、精巧なものは当店のベテランスタッフでも見分けがつきません。一般の方が見抜くことはほぼ不可能 でしょう。


喜平ネックレスはジュエリーの中でも特に 換金性の高い地金商品 です

谷口宝石が先日、盗難被害に遭った際も、狙われたのは喜平ネックレスでした。

換金性が高くて需要も多い―、喜平ネックレスは盗難や偽造、すり替えや詐欺など、犯罪の対象となりやすいジュエリー といえます。


では、偽物を買わないためにはどうすればよいか―。


造幣局検定刻印(ホールマーク)はもちろん、大切なひとつの目安となります。

そして、谷口宝石の社長としましては喜平ネックレスなどの高額な貴金属製品を買うときにはさらに、以下のことをおすすめします。


1.できるだけ 実店舗があるお店 で買いましょう


→ インターネットショップで買われるときは、登録されている住所をきちんと調べて、実際にお店や事務所があることを確認しましょう。立地もお店の信頼度を量る上で重要な目安になりますね。GoogleMAPなどで本当にその場所にお店があるかどうかを確認するのも大切です。


2.地元で長く続いているお店 がおすすめ


→ 企業の生存率は創業5年で約5割、創業10年で約3割程度といわれています。毎年多くの会社やお店が倒産していくなかで